FC2ブログ

英語力VSTOEIC力

こんばんは。
なるべくブログを更新しようと考えているryopuchinです。
今日は、ツイッター上で何度もあがっている英語力VSTOEICについて語りたいと思います。

よく、TOEICなんてやっても、英語話せるようにならないから、受ける意味ないじゃん。
と、仰っている方がいらっしゃいます。確かに、TOEICの試験でたとえ900overまで極めても、
話せるようになると言える人は少ないかもしれません。

実際私は大して話せません。
しかし、インプットの量はかなりあると思います。
よって、ど素人の英語学習者と、TOEIC900overの方とが、同時に英会話教室に通いだしたら、
おそらく後者の方が、はやく話せるようになると思います。

日本人の悪い癖ですが、そもそも”話せる”の定義があいまいです。
どこまで英語を話せたら、英語を話せるということになるのでしょう?

片言でもコミュニケーションができたら?
Fluently(な)会話ができたら?
プレゼンを英語で発表できたら?
英検準1級を取得したら?
1級を取得したら?
外国人の友達とバーで意思疎通ができたら?
政治問題についてマイケルサンデルと討論ができたら?

それは人それぞれであると思います。
ちなみに、話は逸れますが、私はスピーキングが苦手です。
しかし、英検準1級の二次試験は一発で合格できました。(筆記は3回落ちました笑)
それくらい、英検の試験はゆるいです。

話を戻します。結局のところ、英語を話せること、英語を究めることにゴールはないと思います。

・TOEICは運転免許試験の問題
・TOEIC満点で、ようやく自分は英語という海の中の1滴の水滴であることに気付いた

など私の尊敬する人たちが仰っていました。

TOEICが、英語を究めるための最初のパスポートになると、私は思います。
私もまだまだ精進しなくてはなりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryopuchin

Author:ryopuchin
偏差値50未満の三流大学生が、TOEIC900点を目指すために何をするかを書いてます。また、大学職員になるには、何をすればいいのかも書いています。このブログを見ている人のTOEICスコア向上または、大学職員になろうとしている人の助けになれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR