FC2ブログ

就職活動とTOEIC

いつもTOEICの記事ばかり書いているので、今日は就職活動とTOEICを絡めて記事を書こうと思います。
僕は就職活動中、TOEIC830~850点でしたが、やはり塾業界・教育業界では一目おかれました。某塾の面接で1分間スピーチをするときに、TOEICの点数を言ったら、周りの応募者からも、おおっみたいな声が上がりました。
たいてい、TOEICの点数についての質問が来ます。




  その時にはじめは何点だったのですが、今はその点数で、その点数になるために、こんな工夫をしましたとか、こういうことをやりましたとか言うと、人事のひとも、なるほどとうなずくことが多かったです。


ES(エントリーシート)にもTOEICの点数を書く欄が必ずありました。
これから就職活動をする人は、受けておいて損をすることはないと思います。
僕は学歴に自信がなかったので、TOEICで多少の自信をつけることができたと思います。




以下有名な面接本から引用しましたが、これはすこしやり過ぎだと思います笑

TOEICの点数について
 900〜頭脳明晰。海外業務が大いに期待される。
 860〜900プロ意識が高い。将来海外任務が充分任せられる。
 800〜860詰めの甘さはあるものの、意識がある程度以上。今後の伸びにより、海外任務が任せられる。
 730〜800多少英語の勉強をしてきたが、とことん打ちこめているかは不明。海外任務の最低限LV
 680〜730最低限の英語力。アピールにならず。海外任務は任せられない。
 600〜680英語力はまだまだ。向上心など意識が高いとは言えない。努力不足。
 〜600専門分野がある人以外は向上心が低いと思われる。


結論として言ってしまえば、やはり就職活動においてTOEIC800点があると、アピールポイントになると言えそうです。

英語力をアピールするとするなら、700点はないと、厳しいのではないかと思います。
また、英語学科や英文科の人たちは、800点以上、できれば900はあった方がいいのではないでしょうか?

ちなみに、ES提出の段階で、TOEIC730点以上ないと応募できない大学もありました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryopuchin

Author:ryopuchin
偏差値50未満の三流大学生が、TOEIC900点を目指すために何をするかを書いてます。また、大学職員になるには、何をすればいいのかも書いています。このブログを見ている人のTOEICスコア向上または、大学職員になろうとしている人の助けになれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR